疾患のアセスメントでお悩みですか?

武田です。

先日、知り合いのケアマネさんから電話をもらいました。

担当している利用者さんのおひとりが、大腸憩室炎による下血を繰り返しているのだけれど、

入院にならなかったり、入院しても目立った治療もなく退院してくる。

介護職員も食事をどうしたらよいのかなど悩んでおり、家族さんに尋ねても家族さんもはっきりとはわからないご様子。

これって、どう考えたらいいの!?との相談でした。

状況をいくつか確認して、情報を整理して、

私なりのアセスメントを伝えてみました。

「なるほどねー。そういうことかも!」と、どうやらすっきりした様子。

実際に関わっている医療者に質問したら、もっと正確なことがわかると思うけど?と勧めましたが、

医療者に対して、すこし壁を感じてもいるようでした。

このことを併設の訪問看護管理者に話してみたら、

「こんなこと、聞いちゃって恥ずかしいかな、基本的すぎるかな、というような医療面での質問は、しにくいのかも」

「疾患ごとのおおまかな考え方だけでもわかると、ケアマネさんも利用者さんへの支援がしやすくなりそう」

「なにか、私たちで力になれることあるんじゃないかな?」

「気軽に相談できる窓口を、うちの会社でつくれないかしら?」

「メールとか、オンラインとかでなら、業務の間に短時間でお答えできるかも!」

と、地域のケアマネさんや福祉スタッフさんの力になりたい、なにか始めてみようよ、と話し合った次第です。

近いうちにHP上で何らかのお知らせをしたいなとは思っていますが、

それを待たなくても、気軽にご相談いただければと思います。

個人情報の扱いに留意して、少しお時間に余裕をもってご相談ください。

すぐのすぐに対応できるかどうかは、業務状況によりますので、その点はご了承くださいね。

関連記事

  1. 花との生活

  2. ストレス解消の全集中???

  3. 英会話

  4. Ashirase【あしらせ】

  5. 尿管結石

  6. 方向音痴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


会社情報

株式会社ワン・ライフの会社情報です。

事業所一覧

株式会社ワン・ライフの事業所一覧です。